トイレの床で起こる水のトラブルはさまざま

ある時トイレに入ったところ、床が濡れていることに気が付く、このような症状は少なくありません。本来リラックスできる空間であるトイレの床が濡れていると、心配になってしまいます。もちろん誰かが粗相をしたから濡れていることもあるでしょうが、何か別の水のトラブルの発生している可能性もあります。原因はいろいろで、簡単に解決できるものもあれば、業者を呼ばないと難しいケースも存在します。

■簡単なトラブル

床が濡れていても特段気にする必要のない事例もあります。それは結露です。便器や配管がいわゆる汗をかいた状態になり、それが水滴になってポタポタ床に落ちてくることで濡れます。結露が起きるのは、気温と湿度の関係にあります。冷たい水を夏場コップに入れると水滴がしばらくすると現れるでしょう。これと同じ現象です。冷たい水が常に溜まっている便器やタンク付近では結露がもともと起こりやすいです。結露対策としては、ドアをしっかり閉めて極力温度変化が起きないようにする、換気扇を回して湿気を追い出すなどが有効と考えられています。そのほかの軽いトラブルにはパイプの接続部分に使われているパッキンの劣化もあり得ます。この場合、パッキンを新しいものと交換すれば症状が治まる可能性が高いです。

■便器と床の間の場合は厄介

ただし、もし便器と床の隙間で水のトラブルが発生しているのであれば、床下のパイプが問題個所と推測できます。これは先ほど見たパッキンの劣化もありますし、もともと設置不良だった可能性も疑われます。本当にパイプが原因かどうか、一回墨汁など色のついた水を便器に垂らして様子を見ます。もし色のついた水で床が汚れているのであれば、パイプの水漏れと判断できます。この場合無理に自分で解決しようとすると、より問題を深刻化させてしまう恐れもあります。無理せず、業者に連絡して専門家に修理を任せたほうが安心です。

■まとめ
トイレの床が濡れていると一言で言っても、何が原因かは様々です。1日に何度も使用する場所ですから、どうしても心配になるでしょうが、慌てずに何が原因かを確認するところから始めましょう。もし単なる結露であれば、結露予防を心がけることで解決します。一方、床下で何かしら問題が起きている場合は、速やかに業者を呼んだ方がいい厄介なケースも考えられます。ここで紹介した方法などを参考にしてセルフチェックをした上でどこが問題なのか発生個所を特定しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ