トイレのレバーによる水のトラブルに対処する前に

トイレで水のトラブルが起きて、業者を呼ぶパターンは決して珍しくありません。その中にはレバーの不具合によるトラブルもあります。レバーが空回りしてしまって、タンクの中でずっと水が流れているような音がしたり、レバーの部分から水がぽたぽた垂れているといった症状があります。この部分で問題が発生しているようであれば、まず以下の作業を行うといいです。

■止水栓を止めること

レバーで問題が発生していても、実は別の箇所の故障や不具合によって症状が出ているケースも考えられます。このため、まずは原因を特定する必要があります。しかし、水が止まらないという症状をひとまずストップさせなければなりません。そうしないと床などがどんどん濡れてしまうからです。そこで止水栓を止め、水の流れを遮断することが大事になります。おそらく大半の家庭では便器の横にある給水管に蛇口が取り付けられているはずです。この蛇口をひねることで、水の流れを止められます。特殊な住宅で、止水栓がトイレの中に見当たらないようであれば、住宅の元栓を止めてもいいでしょう。

■タンクのふたを外してみよう

水の流れをとりあえずせき止めることができれば、タンクのふたを開けて中身を確認します。このタンク、住宅によってタイプが2種類に分類できます。何も固定されていない場合、そのまま持ち上げれば取り外せるはずです。手洗い管のついていないタイプであれば、このような仕組みになっているものが多いです。付いていても新しい機種であれば、そのまま持ち上げられるものが多いです。一方ジャバラホースで固定されているものもあります。この場合には固定しているナットを取り外さないといけません。素手で取り外せるはずですが、固い場合にはレンチなどを使う必要があります。そして水位がどうなっているか確認しましょう。

■まとめ
トイレのレバーで何らかの問題が発生すると、給排水にかかわる重要な部品のため、水が止まらないなどの症状が現れやすくなります。もしこのような水のトラブルに悩まされているのであれば、まずはタンク内の水位を確認することです。また水の流れを止めれば、それ以上悪化することもないです。自分で修理できるような軽微なものもあります。しかし、もし自分で作業することに不安を感じるのなら、専門業者を呼んだ方がいいです。ただし、この時にどのような症状かを説明できれば作業員も診断しやすくなり、より短時間で修理できるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ