オムツが詰まることによって発生する水のトラブル

トイレの詰まりによる水のトラブルが近年急増しているといわれています。その原因の中でも多いのがオムツを流してしまったことによって発生する問題です。近年では赤ちゃんのほかにも大人のための介護用紙おむつなども出てきています。種類と使う頻度が増えたことで、この手の問題も発生しやすくなっています。子供や認知症になった高齢者が誤ってトイレに流してしまうことが多いようです。

■オムツがトイレで詰まってしまう原因

最近のオムツを見てみると、尿の吸収力に優れているモデルが多いです。このため、長時間装着しても濡れて気持ち悪く感じずに済みます。吸水力を維持できているのは吸水性ポリマーといってゲルもしくはジェル状のものが搭載されているからです。この物質は水分を吸収すると膨張する性質を持っていますので、流してしまうとトイレの水を吸います。その結果、急激に膨らんでしまって便器もしくは配水管の中で詰まりを起こしやすくなります。場合によっては、重度の詰まりを引き起こす事態にも発展しかねません。

■早い段階で取り除くことが大事

オムツを誤ってトイレに捨ててしまった場合、基本はできるだけ早い段階で取り除くことが大事です。まだ便器に浮いているような状況なら、すぐに拾い出します。また、完全に便器の中に入ってしまう前の段階、つまり排水口付近で引っかかっている場合でも取り出せるはずです。もし素手で直接取るのに抵抗があれば、ナイロン手袋などをつけて拾うといいでしょう。もし手の届かないところまで流れてしまった場合は、速やかに業者を呼ぶ必要があります。この時に家族がいれば、業者が来るまではトイレを使用禁止にすることです。水を流してしまうとその水が行き場を失って逆流する恐れがあります。結果的に汚水が床を汚してしまって、お手入れにも余計に時間がかかってしまうからです。

■まとめ
大人用でも子供用のオムツでも、排水管の先まで流れてしまうと中で膨張してしまうので簡単には取り出せなくなってしまいます。まだ見えるところに引っかかっているのであれば、手で取り出せば解決します。中にはラバーカップを使って取り出せるのではないかと考える人もいるでしょうが、素人の方が無理に作業するのはあまりお勧めできません。やはり自分で取りだせなくなったら、水のトラブル専門の業者にお願いするのが無難です。トイレは生活に欠かせないものなので、下手に触って壊さないのが賢明でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ