トイレで水のトラブルが起こる原因

トイレで水のトラブルが起こる原因 水道業者には日々いろいろな水のトラブルに関する案件が持ち込まれます。その中でも多いのがトイレで発生する問題です。毎日使用するものですから、ここで問題が発生して使用できなくなるとかなり生活が不便になります。トイレの水のトラブルといっても、その症状は多様です。タンクや便器の中でちょろちょろ水漏れが起きているというケースもあれば、床の隙間もしくは床下から水がどんどんしみだして床が濡れているような状態もあります。中には自分で部品を調達して修理できるような事例もあります。一方で専門性の高い作業が必要で、業者を呼んでお願いする以外にないというケースもあります。ここでは主な原因について紹介します。

■タンク内部のトラブル

トイレのトラブルの中でも多いのが、タンクの中で水がずっと流れているような音がしているケースです。この場合、ボールタップもしくは浮き球のいずれかで不具合が発生している可能性があります。ボールタップは止水弁の役割があって、水の流れをコントロールしています。こちらのチェック方法は内部にある浮球を持ち上げてみることです。これでも水が止まらないようであれば、別の部分が壊れていると推測できます。逆に水が止まれば、浮き球そのものが問題になっています。この場合、浮球を水面に浮かせるだけで問題解決できる可能性が高いです。しかし浮球自体が割れている場合には、新しい部品に交換しなければなりません。

■床が濡れている場合
トイレの床が濡れている場合、結露なども疑われますが便器周辺で発生している時には深刻なトラブルが起きている可能性が出てきます。まずは便器本体のひび割れなどです。この場合、防水パテやコーキングでひびを埋める方法もあるにはあります。しかしこれは応急処置にしかなりません。ひび割れを完璧に直すのは難しいため、業者に依頼をしても便器の交換を勧められるでしょう。そのほかには床下の配管もしくは便器の接地面で水漏れが起きている可能性も考えられます。もし床下の排水管で水漏れが起きているのであれば、業者を呼ばないと対処しきれません。漏水調査する際にも床材をはがして様子を見なければならないことがあるからです。もし水漏れで周辺の木材などを濡らしてそのままにしていると腐食を引き起こす危険性もあります。ですから早めの対処が求められます。

■最近増えているウォシュレットの問題

近年自宅でウォシュレットを使っている世帯も多いでしょう。賃貸物件でも設置されている物件が増えています。普及するにしたがって、このウォシュレットにおける水のトラブルも増加傾向にあります。トラブルにはいくつかの原因が挙げられます。例えばホースとの接続部分のナットの緩みやパッキンの劣化もありますし、給水フィルターが目詰まりしていることで引き起こされることもあり得ます。またノズルが故障しているという事例もあります。精密機器ですから、素人が下手に触らないほうがいいといわれています。

■まとめ
トイレにおける水のトラブルはいろいろなパターンが考えられます。もちろんこのほかにも原因はあります。まず何が原因で問題が起きているのか、それを特定する必要があります。配管やタンクなどで水がポタポタ垂れている個所はないか、床が濡れている場合は特にどこがひどいかをチェックしてみましょう。DIYの心得のある人なら、自分で修理しようと思うかもしれません。しかし下手に作業をすることで症状が悪化して、より大掛かりな工事が必要になることもあります。もし自分で行うのに不安があれば、水道工事専門の業者を呼んだ方が安心です。この時、業者のスタッフが来るまでは水を流さないなどトイレは使用しないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース